残暑の夜長にホラーな1冊

スポンサーリンク
本のハナシ
本のハナシホラー

最近ブログを知って読み始めた著者さん。

本を出版していると知り、気にはなっていたけれど
ちょっとお値段的に手が出なかった作品(´ε`;)

 

 

そんな時、ふと見たら電子書籍版がお安くなってて。
楽天お買い物マラソンの店舗数稼ぎもあり(笑)

うっかり購入www

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

憑きそい【電子書籍】[ 山森めぐみ ]
価格:550円 (2022/9/8時点)

楽天で購入

 

当方、ホラーは大好物です(*ФωФσ)σ

ホラー小説にホラー映画。
ホラー漫画…は、そういえばあまり読んでいない気がする(笑)

国内ホラーでパッと思い浮かぶのは小野不由美さんかな~
本棚探せば、あれもこれも、と出てくるだろうけど
パッと浮かんだのは、小野不由美さん。

 

 

映画も見ました٩(。→∀←。)۶
映像があると、よりリアルで怖さが増します。

 

 

さて表題の『憑きそい』。

 

 

霊感のある著者さんの体験した実体験漫画。

ラフな絵柄なので漫画というより、エッセイ寄り。
書き込みも少ないので、見ようによっては下書きのようでこの辺が
評価が割れるところなのかも。

 

 

ただ、怖い。

 

 

ラフ画、故に怖さが増す気がする。

実体験だけあって「ただただ怖かった!」という話が多いので
オチもなく、解決もせず、帯にある

インスタ最恐「トラウマ系心霊マンガ」

の文字がひしひし身に沁みるわwww

 

個人的には「そっちじゃない」とタイトルの「憑きそい」がじわじわ来ました。

 

「そっちじゃない」
いわゆる遺品整理の仕事先で出会った怪異。

必要な仕事だけど、亡くなった身内でもない見ず知らずの人の持ち物、
と思うと怖いような気もするし、逆に他人の方が思い入れもなく出来るのか。

んーーー 自分の身内の持ち物なら自分が整理したいけれど
自分の持ち物は身内に整理させたくない気がするwww

漫画の内容とは全く関係ない(爆)

 

「憑きそい」
若干ネタバレになるかもかもですが

 

…結局は生きている人間がいちばん怖いね_(:3 ⌒゙)_

 

全体を通して、大きな盛り上がりはありませんが淡々と「怖かった体験」
が幾つか綴られている……夜中に読んで少し後悔したレベルで怖かったw

ブログで別の怖い話を公開されているので、
作画や作風がOKならオススメです(*ФωФσ)σ

 

 

今日も無事に一日を過ごせた世界に感謝!
ここまでお付き合いいただき有難うございました

\ランキングに参加してます/
ぽちッと頂けると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト志望へ

タイトルとURLをコピーしました