米澤穂信『Iの悲劇』読了

スポンサーリンク
ミステリ
ミステリ本のハナシ

久々の米澤さん著書は実に2年ぶりでした!

2年前にも同じことを言ってます(爆)

 

一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。

山あいの小さな集落、簑石。
六年前にびたこの場所に人を呼び戻すため、
Iターン支援プロジェクトが実施されることになった。

業務にあたるのは簑石地区を擁する、南はかま市「甦り課」の三人。

人当たりがよく、さばけた新人、観山遊香(かんざん・ゆか)。
出世が望み。公務員らしい公務員、万願寺邦和(まんがんじ・くにかず)。
とにかく定時に退社。やる気の薄い課長、西野秀嗣(にしの・ひでつぐ)。

彼らが向き合うことになったのは、
一癖ある「移住者」たちと、彼らの間で次々と発生する「謎」だったー?。

徐々に明らかになる、限界集落の「現実」
そして静かに待ち受ける「衝撃」

内容紹介(出版社より)

 

「甦り課」とか言う名前からもう怪し気。

先ず序章が怖い。
この本に描かれる全ての発端となった終わりの始まりの終わり(ややこしい(爆)。

ここから始まる物語の先にどんな「悲劇」が起こるのか。
序章だけで面白さが滲み出てて、読むのが楽しみでなりませんでした!

何せタイトルがもう「悲劇」!!!

中身は同じ舞台でゲスト演者を代えて綴られる連作短篇

過疎の末に住人を失った限界集落を、
ゼロから立て直そうと移住者を募り奮闘する若き公務員の物語――かと思いきや。
一癖も、二癖もある移住者たち。
次から次へと持ち上がる問題。

それ役所の仕事か??!

思いつつ、不可思議な謎のお間抜けな結末。
なんとも後味の悪い隣人問題。
大いなる希望を胸に移住してきた志願者たちを、
容赦なく打ち砕いていく展開はまさに「悲劇」そのものでした

ミステリいうよりホラー感が満載で
読み終えたら実はホラー小説かもしれない…!
ドキドキしながら読み進めましたσ(-ω-*)

 

 

以下、ちょびっとだけネタバレ有りです|ョ゚д゚)
未読の方、楽しみにしている方はゴチューイ下さい!

 

 

 

 

まさかの、悲喜劇ッ!!!!!!
終章の展開はホラー小説よりホラーかも知んない

なさそうで、ありそう?
ありそうで、なさそう?!

過疎地を抱える自治体は多い。
田舎暮らしを夢見て都会から移住するパターンもよく聞く。
そういう暮らしが性に合っているなら良いのだろうけどね。

役所側の言い分も判らないでもない。
昔と違って、今は

生きているだけでお金がかかる(*ㅇ﹃ㅇ*)
人間1人ではどうしたって生きていけない。
ジャングルとかならともかく…(爆)

想像していたミステリても、ホラーでもなかったけれど
これはこれで面白かったです

ただ読後感はどうだ、と問われれば――――

両手上げての「良き」ではない

初めての米澤作品、としてはあまりオススメできないかもな

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ

\ぽちっと頂けると励みになります/

ここまでお読みいただき有難うございましたε(*´・ω・)з゙

タイトルとURLをコピーしました