序章からは想像だにできない結末

スポンサーリンク
ミステリ
ミステリ本のハナシホラー
今村昌弘『屍人荘の殺人』
東京創元社【読了20200629】

 

タイトルからして面白そう

絶対に
山奥の洋館みたいなトコで
数人が閉じ込められて
何故か外界と連絡が取れなくて
そして次々と起こる不可解な事件
だろう…(*ФωФσ)σ

思ってました。

 

確かにその認識は間違ってなかった

 

が。

が。

がっ!

 

 

 

前々から気になってた作品で
でも読んだ事のない作家さんで
加えてハードカバーだし
定価で購入するには躊躇があり

だったら…と図書館を探すも
近所の図書館にはなかなか入荷せず
だからってリクエストする事はなく

 

そうこうしてたら文庫化して
そうこうしてたら映画化
までしちゃって(笑)

 

 

話題になり始めて図書館にも入荷
したんだけど今度は貸出中
これまた、なかなか読む事ができず

 

映画が落ち着いた頃には中古で
安くなっているだろうと作者を泣かせ

気長に待つこと…数年?

 

 

無事げっと(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

大学のミステリ愛好会2人が
とある曰くつき夏合宿に参加する為
同大学の探偵少女とともに
ペンション紫湛荘を訪れる事になる――

 

 

 

 

最初は

何だかなー ミステリ好きなら
何度も読んだであろう
よくあるミステリ小説の定番というか
あるある設定な感じで

登場人物も
これまた吃驚するくらいベタだしw

 

これから事件が起こり?

謎が謎を呼び?

最終的には主人公が推理を披露し?

めでたしめでたし………

 

 

 

 

かと思いきやっ

 

 

 

 

 

 

この先、微ネタバレ有りです!!!

 

 

 

これは絶対に
事前情報なし

で読むに限ります!

 

 

 

 

映画版も気になってます☆

個人的にドラマ「美食探偵」
くらっと来た中村倫也さんが
出演されているので機会があれば
映画版も見てみたいと思っています

 

 

 

…が、内容を知ってからだと
微妙かもかもね(爆)

 

何故なら

 

中村さん……

 

………………

 

 

 

 

明智役なんですよねええええ

 

 

 

 

 

如何にも探偵面したキャラと名前

まさかの

 

序盤退場

 

 

 

吃驚しましたwwwww

 

 

 

冒頭で何らかのテロ
臭わせてたけどまさかの同時系列
とは思わず( ̄◇ ̄;)

(班目云々は昭和初期くらいのハナシかと……)

 

 

 

まさかまさか、の

 

 

 

 

 

 

 

ゾンビ…

 

 

 

うん、まあタイトルが、だよね(笑)

 

閉鎖された空間で起こる
連続殺人事件……

 

こんな使い古されたミステリ王道設定が
何と斬新な展開かっ!!!!!

ミステリ好きとしては大きな衝撃でした
これは一読の価値有り、です☆

 

でも内容は、がっつりミステリ
取り敢えず外に群がる彼らは置いといて(笑)

謎の脅迫状
密室、からのありえない殺人
迫るゾンビ(爆)
一人、また一人と殺される

犯人は…………

 

 

 

 

 

 

なかなか先の読めない真相でした
٩(。→∀←。)۶

 

 

 

 

おまけですが、最後の最後で

 

 

 

 

 

明智さああああああああん

 

なりましたよ…
読んだ方には判ると思いますがw

 

 

続編も出てますヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

ここまでお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

コメント