こんな現実がない世界だと信じたい…

スポンサーリンク
ミステリ
ミステリ本のハナシ
中山七里「カインの傲慢」
角川(読了2021.04.09)

本のハナシ

久しぶりに読んだ中山さん著
犬養刑事シリーズ5作目(?)

 

雑木林に埋められた少年の遺体の
発見から物語は始まる

少年の身体には臓器がなかった。

 

国境を越え、違法な臓器売買組織
少年ばかりが被害者の連続殺人事件

 

 

背景にある貧困
希薄な家族関係

 

金のある者たちが
金のない者たちを食い荒らす

 

まさに傲慢でしかない犯行理由

 

 

 

 

※以下、微ネタバレ有※

 

 

 

 

 

 

 

正直、黒幕は黒幕らしく
悪に徹して欲しかった…

 

嫌な奴は嫌な奴だったけど、
犯人を追い詰めた刑事を責めるような
ラストは少し後味が悪かったです

 

 

何つうか~

自分が法を犯し、人を殺めた分際で
事件を暴いた刑事を逆恨みする
まさに棚に上げての展開がいちばん嫌い

 

 

 

 

でも今作でいちばん嫌悪したのは
16歳になる自分の息子が殺されたのに

その葬式の香典すらパチンコ代に充てようとする
胸糞悪い父親…でしょうか…

その妻(母親)は、
息子の給食費をソシャゲ代に注ぎ込む

 

現代を象徴するような夫婦ですね

 

実際にこんな親がいない世の中であって欲しい

 

今回は、期待していたドンデン返し
いまいちだった気がします…
というか、後味の悪さが全てでしょうか
(;´・_・`)ゞ

色々と考えさせられるテーマでした

人身売買をタブーとする裏で
臓器移植を待ち続ける人達の願い

 

社会派ミステリとして
中山さんの作品はいつも鋭いです
なかなか壮大な展開でしたが
読み応えあり(๑•̀ㅂ•́)و✧です

 

 

 

 

コメント