世界が終わるまでに連続殺人犯を見つけ出せ!

スポンサーリンク
ミステリ

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています※

 

図書館本。

初読みの作家さんでした。

 

何か面白そうな本はないかな~ 図書館の本棚をたらたら眺めていたら『此の世の果ての殺人』と書かれた背表紙が飛び込んできました。何となく惹かれて手に取ると、粗筋も心惹かれるものがあり。

知らない名前の作家さんだったので躊躇しましたが、他に借りたい本も多くなかったので第一印象を優先しました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

これが、大正解✨

 

 

 

 

第68回江戸川乱歩賞、史上最年少受賞作。

 

…というのは読後に知ったのですが、この作品がデビュー作と知って驚きました。

その完成度に😲

 

粗筋

―――滅びゆく世界に残された、彼女の歪んだ正義と私の希望

正義の消えた街で、悪意の暴走が始まった―――

小惑星「テロス」が日本に衝突することが発表され、世界は大混乱に陥った。

そんなパニックをよそに、小春は淡々とひとり太宰府で自動車の教習を受け続けている。

小さな夢を叶えるために。

年末、ある教習車のトランクを開けると、滅多刺しにされた女性の死体を発見する。

教官で元刑事のイサガワとともに、地球最後の謎解きを始める事に――。

BOOKデータベースより引用

 

 

 

 

感想 ネタバレなし!

 

久々に、2時間くらいかけて一気読みしました!!!

最近は年のせいか(笑)だいたい読み終えるのに数日から一週間かかる私が、です。

それだけ惹き込まれるし、展開のテンポも良く気が付くと読み終えていた感覚。とはいえ、息継ぎする暇もないほどのスピーディーというわけではない。読みやすい文章。

舞台が九州、福岡なので親近感も背中を押したのかも。

 

大宰府から始まる物語。

2か月後には阿蘇山に衝突する小惑星。

 

完全に九州終わったなwww

国外に逃げる者。

とどまる者。

自ら命を絶つ者。

寄り添い支え合いながら終末を待つ者。

自動車教習所に通う者。

それを指導する者。

 

 

たまたま(?)見つけた他殺体の真相をたどるうちに、連続殺人事件と繋がっていく。

設定は終末でなければならなかったのか。

普通のミステリ小説では駄目だったのか。

 

絶妙だな~

 

と思いました(*ФωФσ)σ

謎解きだけでなく、人間描写が良かった。

殺人事件が核にあるので誰もが疑わしく、誰もが良い人そう。

必ず訪れる2ヶ月後の悲劇に向き合う人々の姿が印象的でした。

 

ミステリ好きなら、一読の価値あり! です°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

 

 

受賞当時、作者は23歳との事で今後の活躍が楽しみですね😉

 

 

 

初読みの作家さんで面白い作品に出逢うと、とても胸が高鳴ります✨

まだ読んでいない本の中に、こんなに面白い作品があった! 次作が楽しみな作家さんがまた一人増えた! 本好きが、わくわくしないはずがありません!!!🤣

 

 

 

\ぽちっと頂けると励みになります/
にほんブログ村 にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました